〒933-0878 富山県高岡市東上関336番地
0766-20-5678 0766-20-5770 会社概要 TOP

経営理念

Good for Everyone

会社概要

設 立 平成15年10月 スタッフ
代表者 加藤 純朗
資本金 500万円
スタッフ 営業5名、事務3名、社会保険労務士1名
主な事業内容 損害保険・生命保険の総合プロデュース
事業所所在地
本 社 金沢支店 東京支店
〒933-0878
富山県高岡市東上関336番地
TEL 0766-20-5678
FAX 0766-20-5770
〒920-0027
石川県金沢市駅西新町3丁目9-24
TYビル2階
TEL 076-223-5678
FAX 076-223-5677
〒110-0016
東京都台東区台東1-38-9
イトーピア清洲橋通ビル5F-7
TEL 03-5826-8038
FAX 03-5826-8062
本社 金沢オフィス 東京支店

「金融サービスの提供に関する法律」に基づき、保険商品をはじめとする各種金融商品の販売における勧誘方針を次の通り定め、これに基づいて販売活動を行います。

1.各種の法令等を遵守し、適正な勧誘・販売に努めます。
  • 保険業法、金融サービスの提供に関する法律、消費者契約法、金融商品取引法、個人情報の保護に関する法律、その他の関係法令等を遵守し、適正な勧誘・販売に努めます。
  • お客さまへの適切な勧誘・販売を確保するために、社内の管理体制を整備するとともに、研修に取り組みます。
  • お客さまに関する情報は、適切な管理・取扱いを行います。
  • 保険金の不正取得を防止する観点から、適正な保険商品の勧誘・販売に努めます。特に満年齢が15歳未満の方を被保険者とする保険契約については、適正な保険金額の設定に注意を払うなど、保険金の不正取得防止に努めます。
2.お客さまのご意向と実情に応じた勧誘・販売に努めます。
  • お客さまのご意向を把握するとともに、商品やサービス等に関するお客さまの知識、経験、財産の状況、購入の目的などを総合的に勘案して、お客さまのご意向と実情に沿った商品をご選択いただけるよう、保険商品やサービスの説明を通じて適切に情報をご提供するよう努めます。
  • 保険商品やサービス等のご説明にあたっては、お客さまと直接対面しない販売方法で行う場合も含め、販売形態に応じ、お客さまにわかりやすい説明となるよう工夫します。また、ご高齢のお客さまには、より丁寧にご説明するなどご理解いただきやすいものとなるように努めます。
  • 保険商品販売やサービス提供等に際しては、時間帯や場所、方法等に十分配慮します。
3.お客さまにご満足いただけるサービスの提供に努めます。
  • お客さまからの問い合わせには、迅速、的確、丁寧に対応するよう努めます。
  • 保険事故が発生した場合は、保険金等のご請求についてわかりやすく丁寧にご案内し、迅速かつ適正な保険金のお支払いに努めます。
  • お客さまからいただく様々な声を収集し、商品の開発やサービスのご提供、保険商品の販売に活かしてまいります。
  • 個人・中小企業・大企業それぞれのセグメントのお客さまニーズに対する理解を深め、リスクを認識し事前に予防するための『アクティブケア(一歩先の心遣い)』のコンセプトに基づくサービスの提供に努めます。

損害保険・生命保険募集代理店
株式会社 ライフブレイン
代表取締役 加藤 純朗

 当社は、個人情報保護の重要性に鑑み、また、保険業に対する社会の信頼をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令・ガイドラインを遵守して、個人情報を適正に取扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。
 当社は、個人情報の取扱いが適正に行われるように従業者への教育・指導を徹底し、適正な取扱いが行われるよう取り組んでまいります。また、個人情報の取扱いに関する苦情・相談に迅速に対応し、当社の個人情報の取扱い及び安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し改善いたします。

(1)個人情報の取得

 当社は、十分な安全管理措置を講じたうえで、業務上必要な範囲で、適法かつ公正な手段により個人情報を取得します。

(2)個人情報の利用目的

 当社は、下記の各保険会社より保険業務の委託を受けて、取得した個人情報を、各社の損害保険、生命保険およびこれらに付帯・関連するサービスの提供等の各社の業務の遂行に必要な範囲内で利用します。その他の目的に利用することはありません。
 上記の利用目的の変更は、関連性を有すると合理的に認められる範囲においてのみ行い、変更する場合には、その内容をご本人に対し、原則として書面等により通知し、またはホームページ(http://life-brain.co.jp/1_3.html)により公表します。
 当社に対し保険募集業務の委託を行う保険会社の利用目的は、各社のホームページ(以下)に掲載してあります。

(3)個人データの安全管理措置

 当社は、取扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他の個人データの安全管理のため、以下のとおり対策をします。

(基本方針の策定)当社の個人情報取扱規程に基づき、本書において、当社の名称、安全管理措置に関する質問及び苦情処理の窓口、個人データの安全管理に関する宣言、基本方針の継続的改善の宣言、関係法令遵守の宣言、等についての基本方針を策定

(個人データの取扱いに係る規律の整備)当社の個人情報取扱規程において、個人データの取得、利用、保存等を行う場合の基本的な取扱方法を整備

(組織的安全管理措置)個人情報の管理に関する責任者の設置、個人情報の取扱状況の点検および監査体制の整備と実施、漏えい事案等に対する態勢の整備、等を実施

(人的安全管理措置)従業者との「非開示契約」の締結、就業規則等の整備、従業者への周知徹底および研修、等を実施

(物理的安全管理措置)紛失・盗難を防ぐための書類・外部媒体等の施錠保管、個人情報廃棄時の裁断・焼却・溶解・消去、データ管理者の承諾なく個人情報を持ち運ぶことの禁止、持ち運ぶ場合の件数制限、等の措置を実施

(技術的安全管理措置)不正アクセスを防止するための強固なパスワードの使用、IDの共有禁止、暗号化設定可能な機器の使用、等の措置を実施

(4)個人データの第三者への提供および第三者からの取得について

 当社は、個人データを第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に個人データを提供しません。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  5. 当該第三者が学術研究機関等である場合であって、当該第三者が当該個人データを学術研究目的で取り扱う必要があるとき(当該個人データを取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除く)

 また、個人データを第三者に提供したとき、あるいは第三者から取得したとき、提供・取得経緯等確認を行うとともに、提供先・提供者の氏名等、法令で定める事項を記録し、保管します。

(5)センシティブ情報の取扱い

 当社は、要配慮個人情報(人種、信条、社会的身分、病歴、前科・前歴、犯罪被害情報などをいいます)ならびに労働組合への加盟、門地および本籍地、保健医療および性生活に関する情報(「センシティブ情報」といいます)を、個人情報保護法その他の法令、ガイドラインに規定する場合を除くほか、取得、利用または第三者提供しません。

(6)当社に対するご照会

 下記お問い合わせ窓口にお問い合わせください。また保険事故に関するご照会については、下記お問い合わせ窓口のほか、保険証券に記載の事故相談窓口にお問い合わせください。
ご照会者がご本人であることをご確認させていただいたうえで、対応させていただきますので、あらかじめご了承願います。

【お問い合わせ窓口】

代理店名 富山県高岡市東上関336番地
株式会社 ライフブレイン
電  話 0766−20−5678(受付時間:9時〜18時)
(ホームページ)https://www.life-brain.co.jp/

2022年4月1日

株式会社 ライフブレイン
代表取締役 加藤 純朗

【お客様本位の業務運営方針について】

【方針1】(原則1)

<「お客様本位の業務運営」に関する方針>

<方針>
株式会社ライフブレインは企業理念に則り、保険会社と良好な関係を構築し、弊社の使命であるお客様へ安心を届けるために「お客様本位の業務運営」に関する方針を公表いたします。
なお本方針は、取組みの進展や環境変化を踏まえ、定期的に見直しを行います。

【方針2】(原則2)

<お客様の最善の利益の追求>

<方針>
お客様の満足度を高めることにより継続率を維持し、会社の経営の安定化に努めます。
継続的に新規開拓営業を行い、増収(成長)を継続し会社を発展させていきます。
また、お客様を未来永劫にサポートしていくための体制を構築いたします。

<具体的な取組み>

  • 専門知識向上のため、専門資格の取得を奨励し、保険会社の勉強会へ積極的に参加しています。
  • 社労士・弁護士と連携しています。
  • 過去の事故歴を集積・分析し、的確な事故対応やリスク対策の情報提供を行っています。

<成果指標・品質指標(KPI)>

  • 損保継続率(年間)
  • 生保継続率(年間)
  • 資格取得者(損保トータルプランナー、FP)
  • 年間事故取扱い件数
【方針3】(原則3)

<利益相反の適切な管理>

<方針>
利益相反管理の適切性と有効性を確保するために、継続的な改善に努めます。
お客様の意向に沿った最適な商品をご提供しいたします。

<具体的な取組み>

  • 自社の営業マニュアルに則り、ヒアリングシート等を活用しています。
  • 自社の人事評価は歩合制ではなく、固定給を採用しており、実績に偏らない総合評価を用いています。
【方針4】(原則4)

<手数料等の明確化>

<方針>
当社の取引形態上、本方針の対象としておりません。
但し、生命保険の特定保険契約における顧客が負担する各種手数料に関しては、各保険会社のパンフレット・説明用のチラシなどを用いてわかり易くご案内いたします。

【方針5】(原則5)

<重要な情報のわかりやすい提供>

<方針>
お客様に、よりわかり易くご理解いただくために、お客様に沿ったサポート体制を構築しています。

<具体的な取組み>

  • 重要事項説明については、自社で「重要事項説明書に関するポイント」(損保版・生保版)をまとめたシートを使用し、わかり易く伝えお客様へお渡ししています。
  • お客様への説明の際は、パンフレットだけではなく過去の事故例・課題に応じた関連情報を用いて、具体的イメージを掴んでいただくよう、わかり易く説明いたします。
  • 建設業、運輸業、製造業等あらゆる業種のお客様に、安全大会や勉強会等を実施しています。
  • 高齢者・障害のあるお客様に対しましては、可能な限りご親族の同席をお願いし、また、複数回の面談を行うなど、理解していただきやすい対応に努めます。
  • 生命保険の特定保険契約については、保険会社のパンフレット・資料・動画等を使用し、わかり易く説明し、複数回の面談回数を設けています。
【方針6】(原則6)

<お客様にふさわしいサービスの提供>

<方針>
お客様の特性に応じた最適商品を提供します。

<具体的な取組み>

  • 余裕を持った更改、早期各種手続き(変更・解約等)の実施を行い、各種情報提供、商品案内の時間を確保します。
  • 企業規模・業種別のリスク、法律改正等に応じた保険商品、特約の提案を行います。
  • 保険分野以外の労務相談、法律相談や各種セミナーをご案内するとともに、労務、法律等に関する問題について、社労士、弁護士と協力して解決策のご提案を行います。
  • 高齢者・障害のあるお客様への対応としては、親族同席・親族連絡先の登録を推奨し、親族へも説明を行い、契約者へも丁寧な説明を行います。
  • 生命保険契約においては、契約内容確認シート等を基に年一回、契約内容の確認作業を行っています。
【方針7】(原則7)

<従業員に対する適切な動機付けの枠組み等>

<方針>
従業員満足度を高め、業務品質の向上につなげています。

<具体的な取組み>

  • 毎月一回コンプライアンス研修の実施
  • 営業マニュアル等の完備
  • 従業員には各保険会社の勉強会への参加、損保・生保の専門資格取得等を推奨しています。
  • お客様の声を社内で共有し、各保険会社と連携し様々な改善に取り組んでいます。
  • 毎月1回営業活動においてのPDCA会議を実施し、皆で共有し改善につなげています。
  • 従業員のワークライフバランスを重視し、完全週休二日制を導入しています。
  • 従業員の病気・ケガ等に対して福利厚生制度を設け、働きやすい環境を整備しています。

<成果指標・品質指標(KPI)>

  • コンプライアンス研修の実施回数(年間)
  • 研修参加回数(損保・損保)(年間)
  • お客様の声検証研修、営業活動のPDCA会議(年間実施回数)
【金融庁「顧客本位の業務運営に関する原則」に該当しない項目】
  • 原則5(注2)、原則6(注2)(注3)は当社の取引形態上、当社の宣言の対象としておりません。
  • 原則の詳細につきましては、下記金融庁のホームページにてご確認ください。
    https://www.fsa.go.jp/

株式会社ライフブレイン

取扱保険会社

AIU損害保険株式会社 三井住友海上火災保険株式会社 東京海上日動火災保険株式会社 メットライフ生命保険株式会社 大同生命保険株式会社 エヌエヌ生命保険株式会社 三井住友海上あいおい生命保険株式会社 東京海上日動あんしん生命保険株式会社

※弊社は損害保険契約の締結の代理権を有しています。

当社は、損害保険及び生命保険の取り扱いにつきましては、所属保険会社の中で最も事務に精通している保険会社を提案する経営方針であり、拠点毎に保険会社とのリレーションシップの図り易い保険会社をお客様にお奨めします。